無料ブログはココログ

« 8月15日、白い大きな鳥に遭遇しました | トップページ | 秘伝!小樽のお寿司屋さんに教えてもらったイクラの作り方 »

2011年8月28日 (日)

8月27日、ゲリラ豪雨で田んぼは大丈夫??

8月27日、前日までの大雨、ゲリラ豪雨で田んぼが心配な状況に。現地からは、あまりの雨に緊急排水したとの連絡もあり、駆けつけました、。

P1000629_2

お隣の慣行農法(一般的な栽培方法)の田んぼは、かなりの稲が風と雨で倒れています。水を落としているので穂が濡れなければ取り入れ可能です。私の田んぼは、まだ、水を張っているので、倒れて穂が濡れたらおしまいです。

P1000679

駆けつけてみると、田んぼ全体はこんな感じ。

P1000709

少し倒れてしまった稲もありますが、全体の1%以下でした。まだ、はっきりしたことはわかりませんが40センチ間隔で植えたことで稲がしっかり根を張ったので風雨に強かったのかな、と推測しています。慣行農法では、15センチ間隔のようです。密集させないほうが稲は元気に育つのかも。

P1000668

雑草の状態も稲の成長を邪魔するほどではありません。初めのころの田車除草の成果と自画自賛。

P1000667

全体を見ると、まだ成長段階の青い穂も見えています。ガンバレ、ガンバレ!

P1000664

先輩格の穂は、こんなに大きくなってきました。なんだか、嬉しいですね。

P1000680

田んぼパトロール隊も、大喜びで駆け回っています。

P1000704

初めてみる変なものを発見!葉っぱには、クモのような虫もいます。無農薬なので、いろいろな出会いがあります。これって、ガマの穂???

P1000696

こちらは、害虫を食べてくれるトンボくん。田んぼで蚊に刺されないのは、彼の働きです。この田んぼは、農薬を使わないから安心して子孫をつないでね。

P1000714

田んぼ全体がふっくらしてきました。あとは、日照が続けば2~3週間で 美味しい新米に逢えます。

P1000677_2

水路に土を積んで田んぼに入る水を止めました。土を乾かして取り入れに備えます。

« 8月15日、白い大きな鳥に遭遇しました | トップページ | 秘伝!小樽のお寿司屋さんに教えてもらったイクラの作り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575331/52591275

この記事へのトラックバック一覧です: 8月27日、ゲリラ豪雨で田んぼは大丈夫??:

« 8月15日、白い大きな鳥に遭遇しました | トップページ | 秘伝!小樽のお寿司屋さんに教えてもらったイクラの作り方 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31